省エネ適合性判定 業務のご案内

業務のご案内

 

建築物省エネ法(建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)の施行に伴い、一定規模以上の非住宅建築物の新築・増改築をしようとする場合は、省エネ適合性判定を受ける必要があります。

当センターでは、登録建築物エネルギー消費性能判定機関として、省エネ適合性判定業務を開始します。

 

☆省エネ適合性判定の対象建築物について 

  1. 特定建築物(非住宅部分の床面積が2,000m2以上)の新築
  2. 特定建築物の増改築(増改築する部分のうち非住宅部分の床面積が300m2以上のものに限る)。
  3. 増築後に特定建築物となる増築(増築する部分のうち非住宅部分の床面積が300㎡以上のものに限る)。

ただし、平成29年4月施行の際現に存する建築物については、「非住宅に係る増改築部分の床面積の合計」が「増改築後の特定建築物(非住宅部分に限る)に係る延べ面積」の一定割合(1/2)以下の場合(特定増改築)は、省エネ適合性判定は不要となります。

※外気に対して高い開放性を有する部分を除いた部分の床面積

なお、対象建築物が省エネ基準に適合しなければ確認済証がおりません。

map

 

業務の区域

千葉県全域

業務の範囲

法第41条第1項第1号の(1)に定める床面積の合計が1万㎡未満の特定建築物

受付窓口

7階 月~金曜日(休日を除く)
9:00~12:00 13:00~17:00

問い合わせ

省エネ判定部
TEL 043-222-0109