構造計算のうち確認審査が比較的容易にできるものの審査(ルート2)について

平成30年4月1日から、構造計算のうち許容応力度等計算(ルート2)の確認審査については、

建築基準法第6条の3第1項ただし書きの特定建築基準適合判定資格者による審査を行います

ので、指定構造計算適合性判定機関等で行う構造計算適合性判定は不要となります。